電話セールは本当にじゃまくさい

セールの電話がすごく邪魔くさいです。日中家にいるのですが、電話回線の変更に伴いナンバーディスプレイを止めたので電話番号が出ずすべての電話に出る事になりました。それで実際知り合いや親戚からの電話以外の電話のほうがはるかに多くって、一番多い電話は『インターネット回線に伴うご案内』の電話です。インターネットの契約者を出せと言われ、居ないと言うと次に詳しい人を出せという。実際、我が家で詳しい人などいないのです。そうするとご主人様を出せと言われ、平日の昼間に居るわけない主人の帰り時間や、休みの日を聞いてくる。そうして、あやふやにしていると闇雲に昼も夜も休日も連絡をよこすのです。その都度断るのが面倒なのですが、「もう結構です」と言っても「また改めさせていただきます」と、今年の初めにネットを変更したばかりなので変えるつもりも無いのに本当にその電話対応はじゃまくさいものです。もうひとつ多いのは『外壁塗装のキャンペーン』というセールス。決まり文句は「そちらの地域を対象としましたキャンペーンでご案内しております。」というもの。いつまでキャンペーンをしているんだ、そちらの地域の実績作りとはなんだ!と毎回対応に困り果てます。この対処法として、我が家が前面タイル貼りだというと次には光触媒の外壁塗装加工を薦めてくる。ああ言えばこう言うの言い合いになり、結局は「実はうちも同業種です。」と言うとすんなり切ってくれます。しかし、また同じような電話がかかってくるのです。必死なのも分かりますが、相手の声の具合で判断して欲しいものです。